先進医療の正しい知識を知るための健康情報サイト

最先端のがん治療法にはなにがある?

標準治療として受けられるがんの治療方法とは?

がん治療には手術によって腫瘍を取り除く外科療法や、抗がん剤治療など様々な療法があり、病気の進行状態や患者さんの希望によってふさわしい治療方法が選択されます。 様々な角度から治療方法を検討できるため、最先端医療に限らず基本的な治療法にはどのようなものがあるのかを確認しておきましょう。

がんの最先端治療方法と注意点

従来のがん治療には薬の副作用や身体的な苦痛を伴うなどの問題点がありましたが、先進医療ではより体への負担を減らし、術後の回復を早められるといった効果が認められています。 現在注目されている先進医療の種類と、受けることを検討する際に踏まえておきたい注意ポイントをご説明していきます。

先進医療は効果が高いのか?

3大疾病である悪性新生物、急性心筋梗塞、脳卒中は国民病とも呼ばれ、自殺やそのほかの病死も含めて日本の死亡原因の上位トップ3を占めます。
中でも悪性新生物、いわゆる「がん」は男女ともに死亡原因1位となり、ここ数年の統計では日本人の約3割の人ががんによって亡くなっているという結果が出ています。
今では2人に1人の割合でがんが見つかるとも言われており、誰もがかかる可能性のある病気とされ、医療や脳化学などの各研究の場においても、がんに対する研究が日々進められています。

以前までは、一度がんにかかると数年の余命しか残されないというイメージがありましたが、医療の発達とともに、早期発見・早期治療によってほとんどのがんが治療可能なものになりつつあります。
残念ながら現在の医療段階では、がんを完全に治すということはできませんが、がん宣告を受けた場合であっても治療を受けることによって、生活に支障のない健康的な日常を過ごしていくこともできます。
実際、がんは死亡原因第1位を占めていますが、高齢化の影響などを取り除いた年齢調整後のデータでは、2000年度以降からがんによる死亡率は徐々に減少しています。

上記の死亡率からも分かるように、最近ではがん宣告を受けても長期的な治療や検診を受け続けることによって長く生きられるというケースも多く、がんとともに人生を歩むことを表した「がんサバイバー」という言葉も出てきています。
本サイトでは、現在日本で行われている主ながんの治療方法についてまとめるとともに、最先端の治療方法として期待されているがんの先進療法についてもご紹介していきます。
万が一自分や周りの人ががんにかかったときのために知識として備えたり、保険の加入を考えるときの参考としてご覧下さい。

「がん」にかかると死亡リスクは高まる?

医療の進歩により、近年では様々ながんの治療法が出てきました。 テレビや雑誌などでも最先端のがん治療が取り上げられることもありますが、これら全ての最新治療に大きな効果があるとも限りません。 まずは先進医療とはどういったものなのか、保険の適用はどうなるのかといった基本的な部分を知っていきましょう。