先進医療の正しい知識を知るための健康情報サイト

>

「がん」にかかると死亡リスクは高まる?

「先進医療」と「標準治療」の違い

私たちが日常生活の中でかかるほとんどの病気やケガの診断・治療には健康保険が適用できる保険診療が行われています。
この一般的に行われている保険診療は「標準治療」とも言われ、現時点で最も安全性と有効性が認められる療法として厚生労働省に認められている治療法です。
一方、「先進医療」は新しく開発・発見された治療法として、その安全性や治療効果の検証段階にあるものを指します。
「先進」という言葉だけを聞くと、標準医療よりも効果の高い治療方法と思われる方も多いですが、先進医療はあくまでもその治療は安全なのか、どのような人にも効果があるのかのデータを集めている段階のものなので、必ずしも標準医療よりも優れているというわけではありません。

先進医療を受けることはできるのか?

将来的にがんにかかったとしても、最先端の先進医療を受ければ治るはずというイメージを抱いている方も多いでしょう。
しかし、先進医療は検証段階にある治療法となるため、先進医療を受けたからといって完治することはなく、効果も約束されたものではありません。
実際、ほとんどのがん治療は標準医療によって行われ、先進医療の利用者は1パーセントほどと少数です。

それでも現在の標準治療では治療できないという患者さんもいるため、そういった方へ向けた先進医療を受けやすくするための制度もあります。
最先端の医療を受ける場合は自由診療となり、同時に受ける保険診療に関しても保険適用ができない決まりとなっていますが、厚生労働省の認可を得た先進医療においては混合診療が認められているため、診察や検査などにかかる費用は全体から3割の負担で済み、先進医療でかかった手術費用などは全額自己負担となります。


この記事をシェアする