先進医療の正しい知識を知るための健康情報サイト

>

標準治療として受けられるがんの治療方法とは?

がんの三大療法について

一般的にがんの治療法として行われるのは、がんの病巣を切除して取り除く「外科療法」、抗がん剤などの薬を投与する「化学療法」、手術よりも負担の少ない「放射線療法」の3種類の方法がメインとなります。
これらの療法は単体で使われることもありますが、最近では「集学的治療」としてその他2種類以上の療法を組み合わせた治療も行われています。

がんの進行ステージによって行う療法はそれぞれ異なります。
初期段階であれば完治の可能性が高くなるため、ほとんどの場合は腫瘍を取り除く外科療法が選択されます。
ある程度がんが進行し、腫瘍部の範囲が広がっていたり、小さな転移が見られる場合は外科療法と併せて化学療法として抗がん剤の投与が行われたり、放射線療法が用いられます。

三大療法以外の治療法

近年では集学的療法として、がんの進行や患者の体・精神の状態に合わせて、三大療法を治療の主軸としながら、そのサポートとなるような「補完代替医療」が取り入れられています。
代替医療や補完医療ともよばれ、がん治療には直接的な治療効果は見られませんが、患者の身体的・精神的苦痛を取り除き、日常生活の中にも取り入れられる無理のない治療を目指す考え方や治療方法を指します。
例えば、化学療法による副作用の緩和のために漢方薬を利用したり、局所的に体温を上げてがん細胞を死滅させる温熱療法などがあります。

また、身体的・精神的苦痛を和らげる「緩和ケア」はこれまで末期がんの患者に対してのみ行われていましたが、数年前から前向きに治療に取組むため、がん宣告のショックをやわらげ、冷静に治療方法を選択するための方法として、がん初期段階の患者や、治療を始める前の患者に対しても緩和ケアを行う病院も増えてきています。


この記事をシェアする