先進医療の正しい知識を知るための健康情報サイト

>

がんの最先端治療方法と注意点

様々な最先端治療の方法

放射線療法の一つとなる「重粒子線治療」と「陽子線治療」は、がん細胞に対してピンポイントに攻撃でき、正常細胞へのダメージが少ない治療法となります。
手術による切開が不要で体のダメージが少なく、通院可能な治療方法となっていることから注目を集めています。
比較的早期の肺がんや膵臓がん、骨の腫瘍などに有効で、費用は300万円前後と、先進医療の中でも高額です。
「樹状細胞ワクチン療法」と「活性化自己リンパ球移入療法」は免疫療法の一つで、患者自身の持っているリンパ球や細胞を外部で活性化させ、もう一度体内に戻すと、がんを攻撃するような仕組みとなっています。
患者への身体的負担が少なく、副作用もほとんど見られないというメリットがありますが、その効果がしっかりと確認されていないこと、数回以上継続して行う治療でありながら1回70万円から100万円と、高額な費用がかかることがデメリットとなります。

先進医療を検討する前の確認ポイント

現在、がんの種類や進行状態などによって受けられる先進医療は限られており、先進医療を行うための設備や環境の整った医療施設も全国の中ではまだまだ少ない状況です。
そのため、年間で最先端のがん治療を受ける人の割合はそれほど多くありません。
また、効果が必ず約束できる治療法ではないため、先進医療を希望していても、医師によっては勧められない可能性もあります。

また、先進医療は従来の治療方法と比較して体への負担が少なく、副作用がほとんど見られないというメリットがありますが、がん治療として確実な治療効果が認められているわけではありません。
先進医療にかかる費用は全額自己負担となり、その費用も決して安くはない金額となるため、いきなり先進医療を希望するのではなく、まずは標準医療での治療で経過をみてから判断した方が良いでしょう。


この記事をシェアする